プロフィール

taka44

7月17日(火)

暑すぎて走る気が起きなかった。
というか、最近夜2時間置きに寝苦しくて起きるため、慢性的な睡眠不足。

映画「わがチーム、墜落事故からの復活」

期待していた話は、「クラブの選手役員がほとんど死亡する凄惨な航空機事故からの復活!」というようなテンション揚がるどん底からのサクセス・ストーリーだったのですが実際は…。

とても暗い話で、ざっくり箇条書きで説明すると。
2016年、絶好調なチームは南米選手権決勝戦進出。

チーム関係者71名を乗せたチャーター機が墜落。

3名+関係者数名以外死亡。

2017年、チーム始動!

残った控え選手と事故で大怪我を負った選手と移籍組+実力優先のマキュベリスト監督が融合せずチームは空中分解寸前になる。
...もっと見る

[ 7月17日 22:53 ]

taka44

7月10日(火)

よる、水底を這うような走りにくい気候の中はしる。

映画「ハン・ソロ~スターウォーズ・ストーリー~」

ハン・ソロが良い人すぎて、いくら若い時とはいえ受け入れがたい作品だった。

物語は、スターウォーズのメインキャラであるハン・ソロが、ケッセルラン12パーセクを如何に駆け抜け、アウトローとして成長する姿を描く。

まず最初に、エピソード4でハン・ソロが早打ちで追っ手を撃ち殺すシーンがいつのまにか敵の方が先に撃ってきたので正当防衛的に殺したことに改定されたという事実を、この映画のクライマックスで思い出した。
しかし、どう忖度してもハン・ソロは良い人にしか見えないため、どうしてもクライマックスだけハン・ソロが早打ちで(相手の不意をついて)撃ち殺すのが唐突で、多分前述の昔話を知らない世代なんかはどうして急に卑怯な真似をしたのか分からなかったと思いました。
...もっと見る

[ 7月10日 23:31 ]

kunさんが「お役立ち 」と言っています

taka44

6月21日(木)

映画「ズートピア」

CGアニメーションにおける毛並表現の素晴らしさと、ディズニーが差別という現実世界の重たいテーマを取り上げるという二点において、この映画は傑作と呼ぶに相応しいと感じました。

物語は、肉食動物と草食動物が共存する架空の都市(世界)、「ズートピア」を舞台に新人警察官ウサギちゃんことジュディ・ホップスの48時間+αの活躍を描く。

この映画の凄さは様々な切り口がありますが、以下の三点は特に秀逸だと感じました。
1)世界観
架空の世界ズートピアにおける各動物達の生活が冒頭数分でスパッと描かれているところは、驚異の語り口だと驚きました。
電車の出入り口が動物の種類ごと用意されていたり、カバが水から上がると空気で乾かす設備があったり、キリンが飲み物を買うとキリン用の受取口があったりと、動物毎の身体的特徴を活かした設定が作りこまれています。
...もっと見る

[ 6月21日 22:51 ]

EMIさんが「すごい! 」と言っています

kunさんが「お役立ち 」と言っています

おすすめイベント

JogNote