プロフィール

しじゅうから

1月20日(土)

朝から曇り、でも殆ど雨降っておらず、移動時の問題なし。
台北滞在4/5日目。
朝から体調極不調。食欲無く、吐き気、身体がだるい。昨晩の火鍋に何か悪いものでも入っていたのか?そう言えば、今回は成田を発つ時から決して体調が万全であったとは思えない。
それにしても、身体動かすのがこんなにも辛いのは極めて久しぶり。

ゆっくりと起きてシャワー。食事はせず、残った飲むヨーグルトは部屋の流しで処理。昼前に荷物を片付け、簡単な掃除をして正午過ぎに民宿を出る。ローラーバッグを引いて行く身体が辛いのがわかる。
永春から市政府までMRT一駅乗って、同バスセンターから直通の高速バスで空港へ。バス内ではしっかりと休むようにするが、まともな睡眠は取れずに中途半端な状態で空港到着。
...もっと見る

[ 1月21日 1:22 ]

しじゅうから

1月19日(金)

朝から小雨。温度は17℃前後。
台北滞在2/4日目(台北到着は昨日の午前1時なので今日は二日目)。

ゆっくりと起床して体操&筋トレ。民宿の窓から外をみると前の車道が濡れて小雨が降っていて、外出するかどうか、ちょっと悩む。傘がないので現地調達要。

朝食は昨晩、近くの総合スーパー(「愛買(---これで『アイマイ』と中国語で発音)。買うのが好き[な所]、という意味か?)で買った菓子パン、それに飲むヨーグルト。この(冬の)時期、果物屋さんにはあまり珍しい果物はおいてなくて残念。

宿舎の窓の外をちょこちょこ見ながら外出のタイミングを推し量る。
→ 結局、夕方近くまで宿舎でワーク。
...もっと見る

[ 1月19日 13:17 ]

しじゅうから

1月17日(水)

曇りの朝、ただ気温はこの時期としては高め。午後からは雨の確率が高くなるとの予報。ただ、起きた時、外の舗装は濡れていた。

阪神淡路大震災から23年。
1995年のこの日の朝、5時に起きていつものように職場のある秩父の工場に出かけようと準備していた時だった。5:47(?)にテレビで地震発生のニュースが飛び込む。大変なことになったとの思いで家を出たのを覚えている。
この年は色々な意味で日本全体が不安に陥れられた。地震ののちサリン事件(海外ではテロリストによる攻撃と報じられた)で「(自然/社会的に不安要素多く)日本の安全神話は崩れた」との論調が流れる。

朝のゴミ出し(水曜は瓶缶類)は家人がやってくれていた。 ...もっと見る

[ 1月17日 10:28 ]

しじゅうから

1月16日(火)

良い天気。風もなく日中の気温も昨日より上がってきた。13℃前後。

左肘の手術(「観血的整復固定術」)からちょうど1年。もう丸々1年か、という思いが強い。
当該部、押さえ方によっては痛み(チカチカ感)あるが、よくここまで回復したものだ。

朝一番はゴミ出し(火曜は段ボール類)。
家人が仕事に出てからゆっくりと朝食をとる。長女、朝食後にお昼のお弁当作って出かけて行った。

午前、福岡の兄の一人娘の赤ちゃん誕生のお祝いを緑郵便局から発送。家人から言われて家で用意していた¥480分の切手は書留代分だけで、その他に普通郵便料金¥82が必要だった。明後日に到着予定、と。
帰宅後に福岡の財団の職員募集の応募書類を清書してから午後、発送のため再度緑郵便局へ行く。こちらはA4サイズ文書用の封筒だったが¥140。こちらも明後日に到着、と。
...もっと見る

[ 1月16日 15:32 ]

しじゅうから

1月13日(土)

良い天気。空気は冷たい。千葉の最低温度は-2℃、最高温度8℃。最高温度が一桁台は寒い。

午前、家人とちはら台のユニモへ買い物。家人、明日のや山登り用品調達の様子。
開店まもない時間帯で駐車は問題なし。ヤオコーで食料品も。

お昼を家人と自宅で一緒する。
午後一番に家人はヨガのクラスに出かける。

午後はNHKでラグビー/トップリーグのサントリーvsパナソニックを観戦。
パナソニックには我が高校の後輩、福岡堅樹(筑波大出身)が左ウイングで登場。しかし、なかなか福岡までボールが回らない。12-8でサントリーのV。
それにしてもやはりラグビーの醍醐味は体と体のぶつかり合い。プレーヤーはそれぞれにしっかりと基礎トレーニングをしているのだろう。あんなぶつかりあいをしていたらあちこちが壊れてしまって体がいくつあっても足りない。
...もっと見る

[ 1月13日 16:34 ]

おすすめイベント

JogNote