プロフィール

BABY_SITTER

8月13日(月)

当務を終え、帰宅。

引継ぎの際、10日のクレーム処理について詰めが甘かったことを当務のヴェテランより指摘される。追加でクレームを受けた場合、お盆休み中の総務部次長の連絡先について念押しが足りなかった由。なるほど。

地下一階のガレージに遅れて到着した社用車、よほど切羽詰まっていたのか、頭を先にして止められている。12日夕方の巡回の際、普段は壁に接して視認できなかった左側ボディがよく見えたのだが、何と大きな疵が。

場所から推定して何かに擦った際できた疵かとは思うが、昨年、社用車のタイヤが何者かによってパンクさせられていたという事態が発生し、これを防止するためガレージのみ日に数回、巡回することとなった経緯がある。責任を問われないとも限らない。 ...もっと見る

[ 8月14日 6:38 ]

BABY_SITTER

8月11日(土)

夜勤を終え、帰宅。

台風一過の青空が広がっていた。こういう日に限ってデジタルカメラを置いてきてしまっている。残念で仕方がない。
8月初旬、どうかすると秋の空がひろがることがある。この日がそうだった。一年で一、二を争う好きな時季なのだがなあ……。

お盆休み前最後の坐哨。最後に相応しい出来事が。
午後5時30分、地下一階のガレージのシャッターを施錠する。68歳の後輩が既に終えていた。ところが三台ある社用車のうち一台が予定よりかなり遅れて帰社するため、再度シャッターを開錠せよとの依頼。
この件を伝えるためわざわざ下りてきた総務部次長に正面玄関のチェックを任せ、再度開錠。
午後9時の巡回で無事クルマが戻っていることを確かめ、再度シャッターを施錠。よほど急いでいたのか、普段はバックで入るところを頭を先にして駐車していた。
...もっと見る

[ 8月11日 22:05 ]

BABY_SITTER

8月8日(水)

BABY_SITTER

8月7日(火)

当務を終え、帰宅。

6日、午後2時15分からの立哨に出向いたところ、受付に居た派遣社員が救急車で近くの病院に搬送された旨知らされる。先月より職場環境について再三改善を訴えていたが、熱中症の由。
屋内に居ても罹るものか。炎天下のトラックやハードコートはこんなものじゃなかったぞ。

年下の先輩二人が口を揃えて「怖い」と評していたとおり、警備に対しては一貫して当たりがきつい。無論、俺も距離を置いて接している。が、反面、受付業務全般に関しては抜群の安定感があったように思う。6月最終営業日、三箇月間の契約期間を終えた契約社員数名が、「短い間でしたが、お世話になりました。ご挨拶だけでも」と、受付を訪れていたことがその証左か。そういうひとだったのだ。 ...もっと見る

[ 8月7日 23:14 ]

BABY_SITTER

8月5日(日)

当務を終え、帰宅。
業者二社に加え、偶数月第一土曜日恒例の定期清掃。玄関シャッターを全開にした状態の中、業者が入り乱れる。
警備員など認知症のリハビリテーション程度の貢献すら怪しい。待機室でモニターの監視に相努める。

午前11時15分前、突如としてPCがダウン。モニターが監視できなくなった。ネットにも接続できなくなったので、会社の判断であろうと肚を括る。個別のダウンであれば事態は深刻だが、全社的にダウンしているのであれば、必要と判断して止むを得ず落とした可能性も考えられる。復旧の可能性も高かろう。
一時間前後で無事復旧。業者が足繁く出入りしており、総務部の担当者、設備のヴェテランも立ち会っている。何もなかった、のだろう。あったら連絡が入った筈だ。そう信じたい。
...もっと見る

[ 8月6日 21:29 ]

BABY_SITTER

8月3日(金)

午前7時、朝食を満喫している最中に68歳の後輩より架電。日勤のヴェテランが出勤できなくなったため、穴埋めの依頼。
断る理由はない。いつもとちがうスーパーマーケットで昼食を購入し、上番。

当務を終えた68歳の後輩、引継ぎを受ける当務のヴェテラン、そして俺の三人が待機室に揃った午前8時30分過ぎ、改めて日勤のヴェテランから連絡が入る。

なぜ、日勤のヴェテラン本人が最初に連絡を寄越さないのか。68歳の後輩、これこそ貰い事故であろう。俺より年長者にも関わらず、この程度の常識もないのか。他の二人もこの点については同意。
社会人としての最低水準の常識も持ち合わせていないひとに思えて仕方がない。
...もっと見る

[ 8月4日 6:47 ]

おすすめイベント

JogNote